このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

最上徳内記念館の企画展

更新日:2018年12月5日

最上徳内記念館についてはこちら

ページ内リンク

企画展

親子でつくろう

これからのイベント予定

その他(企画展ページ内)

年末年始休館日のご案内

平成30年12月29日(土曜日)から平成31年1月3日(木曜日)まで
年末年始の休館日とさせていただきます。

熊野観心十界曼荼羅と浄土双六くまのかんじんじっかいまんだら じょうどすごろく

「熊野観心十界曼荼羅」は全国で58点しか発見されて
いませんが、その内の4点が村山市に現存しています。
また、「浄土双六」は全国で3点しか発見されていませんが
その内の1点が村山市にあります。
全国で僅少なこれら曼荼羅と双六を特別公開します。

  • 期間:12月8日(土曜日)から平成31年1月29日(火曜日)
  • 時間:午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 会場:最上徳内記念館
  • 休館日:水曜日
  • 入館料:大人300円、小・中学生150円

「オープニングセレモニー」を開催します

  • 期日:平成30年12月8日(土曜日)
  • 時間:午前9時30分から午前11時まで
  • 会場:最上徳内記念館
  • 参加料:無料ですが事前の申し込みが必要です
  • 申込先:村山市教育委員会 生涯学習課 文化係(電話:0237-55-2111 内線333)

「特別講演」を開催します

講師:瀧川 和也氏(三重県総合博物館 展示・交流事業課長)
「熊野観心十界曼荼羅の役割と芸術性 ―物語としての人生絵図そして地獄絵―」

  • 期日:平成30年12月15日(土曜日)
  • 時間:午後4時から午後5時まで
  • 会場:最上徳内記念館
  • 参加料:無料ですが事前の申し込みが必要です
  • 申込先:村山市教育委員会 生涯学習課 文化係(電話:0237-55-2111 内線333)

親子で作ろう

12月は「わらのリースづくり」です

「わらのリース」を作るワークショップを開催します。

  • 期日:平成30年12月15日(土曜日)
  • 時間:午前10時から午後4まで
  • 会場:最上徳内記念館
  • 対象:3歳から小学校6年生
  • 参加料:無料(参加者と保護者は無料となります)
  • 定員:先着20名様

  未就学児は保護者同伴でご参加ください

庄内藩の名品と蘭学者展(終了しました)

多くの皆様にご来館いただき、誠にありがとうございました。
11月2日から12月4日まで、「庄内藩の名品と蘭学者展」を開催しました。

空から見た昭和の村山市

昭和に撮影された村山市の航空写真を展示しています。
縦横90センチメートルの大きな写真パネルで、楯岡、湯沢、河島、大久保などが写った航空写真です。
昭和22年、昭和38年、昭和43年、昭和47年、昭和50年の村山市の様子を見ることができます。

むかしのあそびコーナー

「むかしのあそびコーナー」を古民家の座敷に設けました。
親子で遊べるおもちゃを揃えました。
けん玉、メンコ、お手玉、コマ回し、あやとり、竹トンボ、だるま落としなどがあります。
ぜひ、親子で遊びにおいでください。

特別展示のご案内

1.昔の民具の行燈、石臼、米俵、藁草履などを展示しています。
2.村山市内で出土した、旧石器時代から古墳時代までの縄文土器、矢じり、石斧、石棒、石刃、などを
 展示しています。

3.ブルガリア新体操ナショナルチームと2020年までのキャンプに関する協定を締結しました。
 その協定書を展示しています。
4.シーボルトハウス(オランダ王国)との友好博物館協定を締結しました。
 その協定書を展示しています。

イベントカレンダー

12月
            1
庄内藩の名品と蘭学者展
2
庄内藩の名品と蘭学者展
3
庄内藩の名品と蘭学者展
4
庄内藩の名品と蘭学者展
5
休館日
6 7 8
・曼荼羅と浄土双六展
・オープニングセレモニー
9
曼荼羅と浄土双六展
10
曼荼羅と浄土双六展
11
曼荼羅と浄土双六展
12
休館日
13
曼荼羅と浄土双六展
14
曼荼羅と浄土双六展
15
・わらのリースづくり
・曼荼羅と浄土双六展
・特別講演
16
・曼荼羅と浄土双六展
・れきぶんフェス2018(甑葉プラザ)
17
曼荼羅と浄土双六展
18
曼荼羅と浄土双六展
19
休館日
20
曼荼羅と浄土双六展
21
曼荼羅と浄土双六展
22
曼荼羅と浄土双六展
23
曼荼羅と浄土双六展
24
曼荼羅と浄土双六展
25
曼荼羅と浄土双六展
26
休館日
27
曼荼羅と浄土双六展
28
曼荼羅と浄土双六展
29
年末年始休館日
30
年末年始休館日
31
年末年始休館日
         
平成31年1月
    1
・元日
・年末年始休館日
2
年末年始休館日
3
年末年始休館日
4
曼荼羅と浄土双六展
5
曼荼羅と浄土双六展
6
曼荼羅と浄土双六展
7
曼荼羅と浄土双六展
8
曼荼羅と浄土双六展
9
休館日
10
曼荼羅と浄土双六展
11
曼荼羅と浄土双六展
12
・だんごさし
・曼荼羅と浄土双六展
13
曼荼羅と浄土双六展
14
・成人の日
・曼荼羅と浄土双六展
15
曼荼羅と浄土双六展
16
休館日
17
曼荼羅と浄土双六展
18
曼荼羅と浄土双六展
19
曼荼羅と浄土双六展
20
曼荼羅と浄土双六展
21
曼荼羅と浄土双六展
22
曼荼羅と浄土双六展
23
休館日
24
曼荼羅と浄土双六展
25
曼荼羅と浄土双六展
26
曼荼羅と浄土双六展
27
曼荼羅と浄土双六展
28
曼荼羅と浄土双六展
29
曼荼羅と浄土双六展(最終日)
30
休館日
31    

これからのイベント予定

(予定)おひなさま展

  • 期間:平成31年2月下旬から3月下旬
  • 会場:最上徳内記念館

(予定)親子でつくろう

  • だんごさし:平成31年1月12日(土曜日)
  • ミニおひな様づくり:平成31年3月2日(土曜日)から3月3日(日曜日)

書籍販売のご案内

『ブックレットシリーズ 村山市の地理と歴史』

 昭和61年から平成11年にかけて「村山市史」を刊行しました。
 この「村山市史」を一歩進め、市民の皆様が親しみやすく関心のある主題を取り上げ、
 写真や図面を多用して、分かりやすいブックレットとして新たに刊行しました。 
  1.村山市の気候
  2.遠い昔の村山市
  3.村山市の動物

  ・販売場所:最上徳内記念館 窓口
  ・販売価格:各540円(税込)

『松岡俊三資料集』

 没後60周年を記念した松岡俊三資料集が完成しました。
 市郷土史研究会の協力を得て作成したもので、松岡氏の生涯や力を注いだ
 雪害救済活動の資料などを掲載しています。
  ・販売場所:最上徳内記念館 窓口
  ・販売価格:800円(税込)

『私の徳内紀行 ―最上徳内の足跡を訪ねて― 』

 最上徳内の生い立ちから晩年までの足跡を訪ね、その功績や遺産を後世へと伝える一冊です。
 写真や絵図を効果的に使用し、優しい文章で分かりやすくまとめられています。
 著者の菊地栄吾さん(仙台市)は楯岡出身で仙台村山会会員です。
 本書は実際に徳内が訪れた場所に足を運び、5年以上かけて完成させたものです。
  ・販売場所:最上徳内記念館 窓口
  ・販売価格:1,000円(税込)

最上徳内記念館へのアクセス

<アクセス>
 奥羽本線JR村山駅下車
 村山駅 東口から車で約5分
 村山駅 西口から徒歩で約15分
<駐車場>
・記念館前に6台分の駐車スペースがあります。
・記念館西隣の村山市役所駐車場に駐車可能です。
 (大型バスも駐車可能です)

関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。村山市観光物産協会

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ

最上徳内記念館
電話:0237-55-3003 ファックス:0237-55-3630

本文ここまで


以下フッターです。
村山市役所
村山市役所
〒995-8666 山形県村山市中央一丁目3番6号
電話:0237-55-2111(代表) 法人番号5000020062081
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日および12月29日から1月3日を除く)
※日曜市役所(諸証明の発行など)は午前8時30分から午後0時30分まで(12月29日から1月3日を除く)
※施設によって開館時間が異なりますので事前にご確認ください。
Copyright © Murayama City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る