このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

中心市街地活性化空店舗対策支援事業費補助金交付要綱

更新日:2014年8月26日

空き店舗対策を支援する補助金です。

中心市街地にある商店街の活性化を図るため、商店街の空き店舗を活用して事業を行うものに対して補助金を交付するもです。

対象者

(1)中心市街地にある商店街の空き店舗で、6カ月以上経過した建物を利用して事業を開始する者
(2)空き店舗の所有者と同一世帯又は生計を一にしない者
(3)空き店舗の所有者の三親等以内でない者
(4)年間を通じて同一場所で、1年以上営業を継続できる者
(5)政治活動及び宗教活動を行う団体でないこと
(6)市内に本店又は主たる事業所を有する中小企業者
(7)市税を滞納していないもの

補助対象経費

(1)改装補助対象経費
空き店舗の改修に要する経費のうち、付帯設備及び外構工事に要する経費
(2)賃貸補助対象経費
空き店舗の賃借料及び事業に必要な設備の賃借料
(3)雇用対象経費
新規雇用に関する経費

補助金の額

当該補助対象経費の2分の1以内とし、次の(1)から(3)のいずれかを上限とします。
(1)店舗を活用し事業を行うものに対する補助金の額は、当該補助対象経費の2分の1以内の額とし、100万円を限度とします。
(2)空き店舗を活用し事業を行うものが、別表2に定める新規創業者である場合、補助金の額は、当該補助対象経費の2分の1以内の額とし、200万円を限度とします。
(3)空き店舗を活用した新規創業者の行う事業が、別表3に定める公益性のある事業を行う場合、補助金の額は、当該補助対象経費の2分の1以内の額とし、300万円を限度とします。
※算出された補助金額に1,000円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ

商工観光課 商工労政係
電話:0237-55-2111 内線153 ファックス:0237-53-5950

本文ここまで


以下フッターです。

村山市役所

〒995-8666 山形県村山市中央一丁目3番6号
電話:0237-55-2111(代表) 法人番号5000020062081
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日および12月29日から1月3日を除く)
※日曜市役所(諸証明の発行など)は午前8時30分から午後0時30分まで(12月29日から1月3日を除く)
※施設によって開館時間が異なりますので事前にご確認ください。
Copyright © Murayama City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る