このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
村山市
  • 文字拡大
  • 大
  • 中
  • 小
  • 配色変更
  • 青色背景に文字が黄色
  • 黄色背景に文字が黒色
  • 黒色背景に文字が黄色
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 事業者の方へ
  • 観光・イベント
  • 市政情報


本文ここから

建造物

更新日:2012年11月19日

村山市の文化財~建造物の部~

石鳥居

建造時期は、鎌倉時代以前のものと推定されています。鳥居の総高は2.56メートル、柱の径は53センチメートルから57センチメートル、柱の間隔は2.1メートルあります。

祥雲寺宝篋印塔

塔は室町時代初期のものと推定しています。塔身は高さ28センチメートル幅30.5センチメートル、笠は上が4段、下が2段で高さ28センチメートル幅49センチメートルです。

宮の下宝篋印塔

この宝篋印塔は、高さ1.18メートル。鎌倉時代のものと推定されています。

宮の下六面幢

この六面幢は、高さ1.35メートル、地下埋没部分がかなりあり、幅は32センチメートル、周囲は1.9メートルです。

富並の六面幢(付)灯籠

幢は、六面形の笠石と幢身からなり、高さは2.35メートル、1面の幅は20センチメートルあります。灯籠は高さ1.83メートルです。造立は天和2年(1682)です。

殺生禁断碑

高さ110センチメートル、幅50センチメートル、奥行35センチメートルで造立の趣旨および造立者は不明です。建立の時期はおそらく慶安から元禄までの間と推定されています。

葉山への道標

修験道と山岳信仰が隆盛を極めた葉山に、参拝者の「道しるべ」として建てられました。建立年は「安政三辰春」とあります。

湯殿・月山・葉山三山碑

高さ132センチメートル、幅110センチメートル、奥行26センチメートルの石碑で、その下部に文化2年(1805)とあります。

中沢不動尊堂

中沢不動尊堂は、その開創の時期は明らかではありません。現在の建物は、嘉永4年(1851)の再建です。

幾代橋

この幾代橋は明治22年の建造で、通称「めがね橋」といわれるアーチ式の工法でつくられています。

問い合わせ

生涯学習課
電話:0237-55-2111 ファックス:0237-55-2155

本文ここまで


以下フッターです。

村山市役所

〒995-8666 山形県村山市中央一丁目3番6号
電話:0237-55-2111(代表) 法人番号5000020062081
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日および12月29日から1月3日を除く)
※日曜市役所(諸証明の発行など)は午前8時30分から午後0時30分まで(12月29日から1月3日を除く)
※施設によって開館時間が異なりますので事前にご確認ください。
Copyright © Murayama City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る