このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

天然記念物

更新日:2016年4月19日

村山市の文化財~天然記念物の部~

カモシカ

山形県のシンボルとして、「山形県の獣」にも制定されている日本固有種で、北海道と中国地方以外の本州・四国・九州の山岳地帯に生息しています。

臥龍のマツ

臥龍型のアカマツで、根周3メートル、主幹は1回転して斜めにのびて高さ5メートル、枝張り東西18メートル、南北20メートル、樹齢450年と推定されています。

トガクシショウマ

昭和2年、葉山から東流する富並川の上流で、山形県で初めて発見されました。

ヒトデの化石

ほとんど完備した新第3紀のヒトデの服面化石で、5腕を備え、腕の先端から他の先端まで最長37.5センチあります。

愛宕神社のケヤキ林

樹齢300年から50年位の大小12本のケヤキ林です。

おくまん様の大スギ

樹齢約850年と推定される県内でも有数の巨木です。目通り幹囲7.2メートル、根周8.15メートル、樹高48メートルあります。

頼義のスギ

樹齢は約900年と推定されています。目通り幹囲6.5メートル、根周7.5メートル、樹高23.51メートルあります。

尾上のマツ

樹齢は約600年といわれる端麗な姿の名木です。目通り幹囲3.45メートル、根周3.85メートル、樹高20メートルあります。

三吉山の三吉スギ

スギの古木で、根周6メートル、地上1.5メートルのところでまず2幹にわかれ、1幹は周囲2.35メートル、他の1幹は3.85メートルあり、更に1.5メートルの上部で2幹にわかれています。

山の内のユキツバキ

樹高およそ2メートル、枝張り東西9メートル、南北7.5メートルにおよぶまれにみる老大株です。

楯岡馬場の大ケヤキ

推定樹齢およそ500年です。目通り幹囲4.65メートル、根周6.8メートル、樹高25メートルあります。

八幡様のイヌザクラ

南方系のサクラです。目通り幹囲1.8メートル、根周2.5メートル、樹高12メートルあります。

白山神社の大スギ

市内でも有数の巨木です。目通り幹囲5.7メートル、根周8.8メートル、樹高35メートルあります。

向陽寺のキャラボク

樹容がすぐれたキャラ(伽羅)の名木です。右側樹高1.2メートル、東西4.7メートル、南北7.9メートル、左側樹高1.3メートル、東西7.5メートル、南北10.1メートルあります。

楯山のブナ

楯山(標高100メートル)のような低地にブナ林が自生していることは極めて稀です。稚樹は苗高30センチ、壮齢木は樹高18メートル、樹齢推定は100年とされています。

問い合わせ

生涯学習課
電話:0237-55-2111 ファックス:0237-55-2155

本文ここまで


以下フッターです。

村山市役所

〒995-8666 山形県村山市中央一丁目3番6号
電話:0237-55-2111(代表) 法人番号5000020062081
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日および12月29日から1月3日を除く)
※日曜市役所(諸証明の発行など)は午前8時30分から午後0時30分まで(12月29日から1月3日を除く)
※施設によって開館時間が異なりますので事前にご確認ください。
Copyright © Murayama City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る