このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
村山市
  • 文字拡大
  • 大
  • 中
  • 小
  • 配色変更
  • 青色背景に文字が黄色
  • 黄色背景に文字が黒色
  • 黒色背景に文字が黄色
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 事業者の方へ
  • 観光・イベント
  • 市政情報


本文ここから

村山市火災予防条例の一部改正について(平成26年8月1日から)

更新日:2014年8月1日

多数の者の集合する催しにおける対象火気器具等の取扱いおよび大規模な屋外催しに係る防火管理体制について

改正の背景

平成25年8月15日、京都府福知山市でおこなわれた花火大会において、死者3人、重傷者56人という甚大な被害を伴う火災が発生しました。この火災は露店の関係者が、発電機にガソリンを補給しようとしたところ、高温のため内圧が上昇したガソリン携行缶からガソリンが噴出し、露店で使用していた火気器具の火がガソリンに引火したことが原因とみられています。またガソリンが露店周辺の観客にも噴出したため、被害の拡大につながりました。
 この火災を踏まえて消防法施行令等の一部改正により、対象火気器具等の取扱いと大規模な屋外催しにおける防火管理体制が見直されたことに伴い、今回の火災予防条例改正に至りました。
  
  

改正の内容

1.屋内または屋外での催しにおける消火器の準備(第20条~第24条関係)

祭礼、縁日、花火大会、展示会その他の多数の者が集合する催しに際して対象火気器具等を使用する場合は、火災発生時に初期消火が極めて重要であることから、消火器を準備した上で使用することを義務付けました。消火器は対象火気器具等を使用する者が準備する必要があります。
次の1から5に掲げるものが対象火気器具等に該当します。

  1. 液体燃料を使用する器具(発電機等)
  2. 固体燃料を使用する器具(炭焼きコンロ等)
  3. 気体燃料を使用する器具(ガスコンロ等)
  4. 電気を熱源とする器具(ホットプレート等)
  5. 1から4以外で使用に際し火災発生の恐れのある器具

  

2.対象火気器具等を使用する露店等を開設する場合の届出(第53条関係)

火災とまぎらわしい煙または火炎を発するおそれのある行為をする場合は、その旨をあらかじめ消防長に届け出る必要がありますが、新たに、祭礼、縁日、花火大会、展示会その他の多数の者の集合する催しに際して、対象火気器具等を使用する露店等を開設する場合についても、あらかじめ消防長に届出をおこなうことを義務付けました。
なお、集合する者の範囲が個人的つながりにとどまる場合(近親者によるバーベキュー、幼稚園で父母が主催するもちつき大会のように相互に面識がある者が参加する催しなど)は対象外となります。
  

3.屋外で大規模な催しを開催する場合の防火管理(第50条の3関係)

消防長は、祭礼、縁日、花火大会その他の多数の者の集合する屋外での催しのうち、大規模なものとして消防長が定める要件に該当するもので、火災が発生した場合に人命または財産に特に重大な被害を与えるおそれがあると認めるものを「指定催し」として指定し、公示することとしました。
村山市では、屋外での催しのうち大規模なものとして消防長が定める要件は、露店等(対象火気設備等を使用するものに限る)の数が開催期間中において100店舗および観客数が延べ10万人以上の催しになります。
 「指定催し」の指定を受けた催しを主催する者は、防火担当者を選任し火災予防上必要な業務に関する計画を作成させて、消防長に提出することが義務付けられました。
  
  

問い合わせ

村山市消防本部 総務課予防係
電話:0237-55-2514 ファックス:0237-53-3119

本文ここまで


以下フッターです。

村山市役所

〒995-8666 山形県村山市中央一丁目3番6号
電話:0237-55-2111(代表) 法人番号5000020062081
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日および12月29日から1月3日を除く)
※日曜市役所(諸証明の発行など)は午前8時30分から午後0時30分まで(12月29日から1月3日を除く)
※施設によって開館時間が異なりますので事前にご確認ください。
Copyright © Murayama City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る