このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
村山市
  • 文字拡大
  • 大
  • 中
  • 小
  • 配色変更
  • 青色背景に文字が黄色
  • 黄色背景に文字が黒色
  • 黒色背景に文字が黄色
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 事業者の方へ
  • 観光・イベント
  • 市政情報


本文ここから

災害時要援護者避難支援制度について

更新日:2012年10月18日

村山市では在宅の要援護者(高齢者や障がいのある方など)を災害から守るための登録制度を始めています。

災害時要援護者避難支援制度とはどういう制度ですか?

ひとり暮らしの高齢者や障がいのある方など災害が起きたときに手助け(避難誘導等の支援)を必要とする方に対して、近隣の方など地域が連携して支援をしていく制度です。

なぜ必要なのですか?

大規模な災害が発生した時に、行政や消防だけでは充分な対応ができるとは限りません。地域住民が自主的に力をあわせて、安心して暮らしていくために必要なものです。

災害時要援護者とは、どういう人ですか?

災害時要援護者とは、高齢者や障がい者など、災害が発生した場合に自らを守ることが困難で、地域に何らかの助けを希望する方であって、次の方が対象となります。

災害時要援護者に該当する人
番号 項目
(1) ひとり暮らしの高齢者、高齢者のみの世帯、日中ひとりきりの高齢者
(2) 介護保険における要支援介護認定を受けている者
(3) 障がい者手帳の交付を受けている者
(4) 療育手帳の交付を受けている者
(5) 日本語に不慣れな在住外国人
(6) (1)から(5)以外で、民生委員・児童委員、地区長が災害時の支援が必要と認めた者
(7) その他、地域で支援を必要としている者

災害時に支援者の支援を受けるにはどうしたらよいですか?

(1)災害時に支援を受けるには、事前に「災害時要援護者登録申請書兼登録台帳」(別紙様式)に登録していただきます。
(2)登録する際には、支援のために必要な個人情報を関係団体(市、消防署、自主防災組織、地区長、民生児童委員)や地域の避難支援者への情報提供に同意できる方とします。

申請書に記入する個人情報の内容はどういうものですか?

住所、氏名、生年月日、性別、電話番号、地区名、緊急時電話番号、かかりつけの医院、その他災害時に役にたつと思われることを申請書に記入していただきます。記入できない項目がある場合は空欄で提出してもかまいません。

地域の避難支援者とはどういう人ですか?

避難支援者として一番望ましいのは、あなたの「近隣の人」です。
避難支援者は、要援護者に対し災害時等における避難誘導、救出活動、安否確認の支援を行います。
地域の避難支援者になっていただける方を探せない場合は、お住まいの地区の地区長や民生児童委員と相談してください。

災害時要援護者避難支援制度の登録申請は

お住まいの地区の民生委員児童委員や地区長を通じて、市役所福祉事務所もしくは総務課に提出してください。(直接市役所に提出することもできます。)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ

総務課
電話:0237-55-2111 ファックス:0237-55-6443

本文ここまで


以下フッターです。

村山市役所

〒995-8666 山形県村山市中央一丁目3番6号
電話:0237-55-2111(代表) 法人番号5000020062081
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日および12月29日から1月3日を除く)
※日曜市役所(諸証明の発行など)は午前8時30分から午後0時30分まで(12月29日から1月3日を除く)
※施設によって開館時間が異なりますので事前にご確認ください。
Copyright © Murayama City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る