このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について

更新日:2017年10月13日

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)とは

マダニに刺されて感染し、潜伏期間は6日から14日です。季節的には春から初夏に多く発生します。治療が遅れると重篤になる場合があります。また、SFTSに感染した飼い犬から飼い主へ感染した事例もあることから、ダニだけではなくペットなどの身近な動物にも気をつけましょう。

症状

発熱、消化器症状(食欲低下、おう気、おう吐、下痢、腹痛)、頭痛、筋肉痛、神経症状

予防方法

マダニに咬まれないことが重要です。

  • 草むらや山など、マダニが生息する場所に入る際は、長袖・長ズボン、手袋、首にタオルを巻くなど肌の露出を避けましょう。
  • 屋外活動後は入浴しマダニが付着していないか確認しましょう。
  • マダニに咬まれた場合は、無理に引き抜こうとせず、医療機関で処置してもらってください。
  • マダニに咬まれた後に発熱等の症状があった場合は、直ちに医療機関を受診しましょう。その際、ペットの健康状態についても、主治医に伝えましょう。
  • ペットが体調不良の際は、直ちに動物病院を受診しましょう。
  • 飼育犬、猫については、ノミ・ダニの駆虫薬を定期的に投与してください。
  • SFTSを含めた動物由来感染症の感染を防ぐために、ペットとの過剰なふれあいを控えてください。
  • 野生動物は、どのような病原体を保有しているか分からないので、野生動物との接触は避けましょう。

参考資料

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。重症熱性血小板減少症候群に関するQ&A(厚生労働省ホームページ)

問い合わせ

保健課
電話:0237-55-2111 ファックス:0237-55-2265

本文ここまで

サブナビゲーションここから

衛生

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
村山市役所
村山市役所
〒995-8666 山形県村山市中央一丁目3番6号
電話:0237-55-2111(代表) 法人番号5000020062081
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日および12月29日から1月3日を除く)
※日曜市役所(諸証明の発行など)は午前8時30分から午後0時30分まで(12月29日から1月3日を除く)
※施設によって開館時間が異なりますので事前にご確認ください。
Copyright © Murayama City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る