このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
村山市
  • 文字拡大
  • 大
  • 中
  • 小
  • 配色変更
  • 青色背景に文字が黄色
  • 黄色背景に文字が黒色
  • 黒色背景に文字が黄色
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 事業者の方へ
  • 観光・イベント
  • 市政情報


本文ここから

制度の概要

更新日:2017年12月13日

急速に進む高齢社会の中で、介護問題が老後の最大の不安要因となっています。また、核家族化や少子化に伴い家族だけでは寝たきり等のお年寄りを介護するのが困難な状況になってきています。
介護保険とは、このような社会的背景をふまえ、介護が必要なお年寄りを社会全体で支えようという制度です。
「ひとりひとりが住み慣れた地域で、老後を安心して暮らせるまち」をめざして、より一層質の高い介護サービスの提供と充実に努めていきます。

図 家族のイラスト

保険者(運営主体)

村山市

被保険者

1.被保険者の区分等
区分 第1号被保険者 第2号被保険者
対象者 65歳以上の方 40歳以上65歳未満の医療保険に加入している方
給付の対象 要介護者・要支援者 初老期認知症、脳血管疾患などの老化に伴う特定疾病(16の病気)によって介護や支援が必要な方
保険料 所得段階に応じて保険者(市区町村)ごとに設定 加入している医療保険の算定方式に基づいて設定
2.要介護区分別状態像と居宅サービス費の利用限度額
要介護区分 心身の状態 利用限度月額
要支援1

基本的な日常生活はほぼできるが、要介護状態にならないように何らかの支援が必要。

50,030円
要支援2

要支援1の状態より日常生活を行う能力がわずかに低下し、何らかの支援が必要。

104,730円
要介護1

基本的な日常生活や身の回りの世話などに一部介助が必要。立ち上がりなどに支えが必要。

166,920円
要介護2

食事、排せつ、入浴、洗顔、衣服の着脱などに一部又は多くの介助が必要。立ち上がりや歩行に支えが必要。

196,160円
要介護3

食事、排せつ、入浴、洗顔、衣服の着脱などに多くの介助が必要。立ち上がりなどが自分でできない。歩行が自分でできない。

269,310円
要介護4

食事、排せつ、入浴、洗顔、衣服の着脱など全面的な介助が必要。立ち上がりなどがほとんどできない。歩行が自分でできない。認識力、理解力などに衰えが見え、問題行動もある。

308,060円
要介護5

生活全般について全面的な介助が必要。立ち上がり歩行などがほとんどできない。認識力、理解力などに衰えが見え、問題行動もある。

360,650円

※認知症の有無や程度などにより、必ずしも上記の状態像と一致しない場合があります。

3.特定疾病
(1)回復の見込みがないと医師が判断した末期のがん
(2)関節リウマチ
(3)筋萎縮性側索硬化症
(4)後縦靭帯骨化症
(5)骨折を伴う骨粗鬆症
(6)初老期における認知症
(7)進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
(8)脊髄小脳変性症
(9)脊柱管狭窄症
(10)早老症
(11)多系統委縮症
(12)糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
(13)脳血管疾患
(14)閉塞性動脈硬化症
(15)慢性閉塞性肺疾患
(16)両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

財源内訳

負担割合
税金
居宅25%
施設20%
居宅12.5%
施設17.5%
12.5%
保険料

第1号被保険者
22%

第2号被保険者
28%

平成27年度から介護保険の費用負担が変わります

介護保険の費用負担が変わります

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ

福祉課
電話:0237-55-2111 ファックス:0237-55-7577

本文ここまで


以下フッターです。

村山市役所

〒995-8666 山形県村山市中央一丁目3番6号
電話:0237-55-2111(代表) 法人番号5000020062081
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日および12月29日から1月3日を除く)
※日曜市役所(諸証明の発行など)は午前8時30分から午後0時30分まで(12月29日から1月3日を除く)
※施設によって開館時間が異なりますので事前にご確認ください。
Copyright © Murayama City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る