このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

令和2年7月豪雨被災者の医療保険窓口負担の免除について

更新日:2021年2月25日

今般の豪雨災害の被災者(国民健康保険、介護保険、後期高齢者医療に加入している方)で次の(1)から(5)の減免基準のいずれかに該当する方は、医療保険の窓口負担や介護保険の利用料について支払いが不要となります。(令和3年6月末までの診療・利用分)

減免基準

(1)住家の全半壊、全半焼、床上浸水の被災をされた方
(2)主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負われた方
(3)主たる生計維持者の行方が不明である方
(4)主たる生計維持者が業務を廃止、又は休止された方
(5)主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

市の被害調査で床上浸水と判定された世帯には、免除証明書を交付済みです。
その他の方で減免基準に該当する場合には、証明書等を発行しますので、お申し出ください。

問い合わせ

保健課
電話:0237-55-2111 ファックス:0237-55-2265

本文ここまで

以下フッターです。