このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

農地火災にご注意ください!

更新日:2020年7月13日

農地での廃棄物焼却等を原因とした火災が多数発生しています!

 村山市内で令和2年4月から6月までの3ヵ月の間に7件の農地火災が発生しており、主な原因が農地での廃棄物焼却等による火災です。
 廃棄物の焼却中、目を離した隙に強風にあおられ、周辺の枯れ草などに燃え移るケースが最も多い状況です。
 野外での廃棄物の焼却は禁止されており、周辺への被害拡大も想定され危険ですので、絶対にやめましょう。

廃棄物の焼却(野焼き行為)は原則禁止

 廃棄物の処理及び清掃に関する法律第16条の2により、廃棄物の焼却は原則禁止されています。

罰則

 違反すると5年以下の懲役もしくは1,000万円(法人は3億円)以下の罰金、またはその併科に処せられることがあります。

例外

廃棄物処理法の中で野外焼却について、いくつか例外が認められています。
・廃棄物処理基準に従って行う焼却
・他の法令などに基づいて行う焼却
・国や地方公共団体が施設を管理する上で必要となる焼却
・震災、凍霜害等の災害の予防や応急対策、復旧に必要な焼却
・風俗習慣上、宗教上の行事を行う際の焼却(おさいとうなど)
・農業者が行う稲わら等の焼却、林業者が行う伐採した枝等の焼却
・たき火や日常生活上通常行われる焼却であって軽微なもの(キャンプファイヤーなど)

例外的に認められている焼却行為であっても、生活環境上支障があり、苦情等がある場合は指導の対象となります。

火災と紛らわしい行為を行う場合は、消防本部への届出が必要です

 例外に該当する野焼きであっても、その行為が著しく煙を発生し、または、火炎を発する恐れがある場合は、村山市火災予防条例第53条の規定により、消防本部への届出が必要となります。
 なお、この届出は事前に焼却行為を把握することにより、誤報による出動などの混乱を避けるためのものであり、届出を受理することにより他の法令に係る焼却行為を許可するものではありません。
 また、気象状況等により危険と判断される場合や、煙・異臭等による苦情が寄せられた場合、煙等による交通障害が認められる場合、火災予防上必要と認められる場合は、焼却の禁止、制限、消火等を要請することがありますのでご協力をお願いします。

問い合わせ

農林課
電話:0237-55-2111 ファックス:0237-55-3728

本文ここまで

サブナビゲーションここから

農林業分野

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
村山市役所
村山市役所
〒995-8666 山形県村山市中央一丁目3番6号
電話:0237-55-2111(代表) 法人番号5000020062081
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日および12月29日から1月3日を除く)
※日曜市役所(諸証明の発行など)は午前8時30分から午後0時30分まで(12月29日から1月3日を除く)
※施設によって開館時間が異なりますので事前にご確認ください。
Copyright © Murayama City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る