このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

地域おこし協力隊

更新日:2022年5月6日

地域おこし協力隊とは

「都会を離れて地方で生活したい」「地域社会に貢献したい」「人とのつながりを大切にして生きていきたい」「自然と共存したい」「自分の手で作物を育ててみたい」。
今、都市に住む人たちがさまざまな理由で豊かな自然環境や歴史、文化等に恵まれた「地方」に注目しています。

地域おこし協力隊は、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に誘致し、その定住・定着を図ることで、上記のような意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とする取組みです。
具体的には、地方自治体が都市住民を受入れ、地域おこし協力隊員として委嘱し、一定期間以上、農林漁業の応援、水源保全・監視活動、住民の生活支援などの各種の地域協力活動に従事していただきながら、当該地域への定住・定着を図っていくものです。

あなたの希望に合ったライフスタイルが、地域おこし協力隊員として地域協力活動に携わることできっと見つかります。まずは「活動検索」から気になる地域や活動内容を検索しましょう。

詳しくは下記のホームページを参照。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。地域おこし協力隊

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。総務省「地域おこし協力隊」

村山市地域おこし協力隊

地域おこし協力隊員の奮闘記が市報に掲載されています。(毎月1日号)

令和3年度市報「市民の友」

地域おこし協力隊活動報告書

令和4年度の事業

「村山市地域おこし協力隊」として6人を委嘱しました。(継続4人、新規2人)


令和4年4月1日に福島県より平山 龍矢(ひらやま たつや)隊員(左側)と、

東京都より藤井 雅(ふじい みやび)隊員(右側)が着任しました。

令和3年度の事業

「村山市地域おこし協力隊」として6人を委嘱しました。(継続4人、新規2人)


令和3年7月1日に東京都より佐藤 洋介(さとう ようすけ)隊員が着任しました。


令和3年4月1日に東京都より山坂 千晴(やまさか ちはる)隊員が着任しました。

令和2年度の事業

「村山市地域おこし協力隊」として4人を委嘱しました。(継続3人、新規1人)


令和3年2月1日に東京都より小関 恵子(こせき けいこ)隊員(左から3人目)が着任しました。

令和元年度の事業

「村山市地域おこし協力隊」として4人を委嘱しました。(継続1人、新規3人)


令和2年2月1日に東京都より西城 舟二(さいじょう しゅうじ)隊員が着任しました。

1
令和元年11月1日に神奈川県より麿 恵美(まろ めぐみ)隊員が着任しました。


令和元年7月1日に兵庫県より高橋 明子(たかはし あきこ)隊員(中央)が着任しました。

令和元年度地域おこし協力隊
左:東 怜鹿(ひがし れいか)隊員、右:成毛 清和子(なるけ さわこ)隊員

平成30年度で大山芙由美隊員とナジュワ隊員の2人が任期を終え、平成31年4月1日に東京都より成毛清和子隊員が着任しました。

事業(平成30年度)

  • 市嘱託員3人を「村山市地域おこし協力隊」に委嘱しました。(4月1日:継続3人)

事業(29年度)

  • 市嘱託員3人を「村山市地域おこし協力隊」に委嘱しました。(4月1日:継続3人)

事業(28年度)

  • こめやかたゲストハウスの1人と市嘱託員2人を「村山市地域おこし協力隊」に委嘱しました。(4月1日:継続1人、新規2人)

辞令交付式(平成28年4月)

  • 市嘱託員1人を「村山市地域おこし協力隊」に委嘱しました。(6月1日:新規1人)

辞令交付式(平成28年6月)

事業(27年度)

  • 手づくりパンNOUKAの1人とこめやかたゲストハウスの1人を「村山市地域おこし協力隊」に委嘱しました。(4月1日:継続2人)

委嘱状交付式(4月)

事業(26年度)

  • 村山市地域おこし協力隊(第6期)を募集しました。
  • 国立ファーム山形農場(山形ガールズ農場)の3人、手づくりパンNOUKAの1人を「村山市地域おこし協力隊」に委嘱しました。(4月1日:継続4人)

委嘱状交付式(4月)

  • こめやかたゲストハウスの1人を「村山市地域おこし協力隊」に委嘱しました。(6月1日:新規1人)

委嘱状交付式(6月)

  • 隊員の受入先のホームページは下記のリンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。山形ガールズ農場

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。手づくりパンNOUKA

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こめやかたゲストハウス

事業(平成25年度)

  • 村山市地域おこし協力隊(第5期)を募集しました。
  • 国立ファーム山形農場(山形ガールズ農場)の4人、手づくりパンNOUKA(市内碁点)の1人を「村山市地域おこし協力隊」に委嘱しました。

(4月1日:継続3名、新規2人)

事業(平成24年度)

  • 村山市地域おこし協力隊(第4期)を募集しました。
  • 国立ファーム山形農場(山形ガールズ農場)他のを6人「村山市地域おこし協力隊」に委嘱しました。

(4月1日:継続4人、新規2人)

事業(平成23年度)

  • 村山市地域おこし協力隊(第3期)を募集しました。
  • 国立ファーム山形農場(山形ガールズ農場)の9人を新規に、「村山市地域おこし協力隊」に委嘱しました。

(4月1日:継続3人、新規6人)

農業に、また地域づくりなどの地域活動に従事し、「地域おこし協力隊」として、地域おこし活動をしてもらっています。

事業(平成22年度)

国立ファーム山形農場(山形ガールズ農場)の3人を新規に委嘱しました。
(4月1日付2人:5月1日付、新規3人)
農業に従事し、また地域づくりなどの地域活動に従事し、地域おこし活動をおこなっていただきます。
継続の2人を含め5人の「地域おこし協力隊」となりました。

事業(平成21年度)

地域支援活動として、村山市大槇の農場で農作業に従事します。
平成21年8月11日、村山市役所で委嘱状交付をおこないました。

「地域おこし協力隊」は、総務省が推奨する地域を支援する仕組みです。
村山市は、山形県内で、最初にこの事業に取り組んでいます。
平成21年度は、東北では、秋田県上小阿仁村と村山市のみの2か所での取組みです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ

政策推進課
電話:0237-55-2111 ファックス:0237-55-0260

本文ここまで

以下フッターです。