このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
村山市
  • 文字拡大
  • 大
  • 中
  • 小
  • 配色変更
  • 青色背景に文字が黄色
  • 黄色背景に文字が黒色
  • 黒色背景に文字が黄色
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 事業者の方へ
  • 観光・イベント
  • 市政情報


本文ここから

村山市地域雇用創造推進事業について

更新日:2017年12月14日

実践型地域雇用創造事業

厚生労働省の委託事業、実践型地域雇用創造事業に取り組んでいます。

地域の現状と事業目的

本市は、農業を基幹とする第一次産業と製造業や土木建築業を中心とした第二次産業、小売業や医療福祉関連の第三次産業により発展してきた。平成22年国勢調査によると産業別就業人口は、第一次産業(15.2%)、第二次産業(36.8%)、第三次産業(48.0%)となっており、さらに、産業分類別の就業者数の構成比率をみると、製造業が27.3%と最も高く、次いで農業が15.0%、卸売・小売業が12.6%などとなっております。
近年、全国的な少子高齢化や過疎化の進行が本市においても同様に進み、特に第一次産業については、高齢化と後継者不足、米価の下落等により農業の衰退や田畑の荒廃が懸念されており、商業においても、郊外への大規模ショッピングプラザなどの出店により、商店街の閉店が続き、シャッター通りの恐れがあります。
また、第二次産業は、近年の円安傾向や世界経済の回復による輸出増が見られるものの、まだまだ小規模の下請け関連企業が多い製造業などは先が見えない経営を強いられている。土木建築業は、震災後の復興事業などの発注も一段落し、人材・機材不足、また技術者の高齢化が進行するなど雇用状況は劇的に改善しているわけではありません。
今後、本市の得意分野を生かしながら、緊急の雇用対策を講じると同時に、雇用の受け皿となる地域資源を生かした産業の振興を図ることを目的としております。

村山市地域雇用創造推進協議会

厚生労働省の委託を受けるため、市では関係機関と連携し、平成22年1月村山市地域雇用創造推進協議会を組織しました。平成22年7月にパッケージ事業を受託し、地域の雇用創出のため事業を展開してきました。また、平成28年7月には、実践型地域雇用創造事業を新たに受託し雇用創出のための事業を展開しております。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。村山市地域雇用創造推進協議会

問い合わせ

商工文化観光課 商工労政係
電話:0237-55-2111 ファックス:0237-53-5950

本文ここまで

サブナビゲーションここから

計画・政策

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

村山市役所

〒995-8666 山形県村山市中央一丁目3番6号
電話:0237-55-2111(代表) 法人番号5000020062081
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日および12月29日から1月3日を除く)
※日曜市役所(諸証明の発行など)は午前8時30分から午後0時30分まで(12月29日から1月3日を除く)
※施設によって開館時間が異なりますので事前にご確認ください。
Copyright © Murayama City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る