このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

大倉地域案内

更新日:2017年12月8日

大倉ふる里マップ

自然豊かな大倉地域の見所を紹介します。

大倉ふる里マップ
大倉ふる里マップ

史跡・地域資源

大倉地域の史跡・地域資源
名 称 由  来
甑岳 大倉地域の東にそびえる標高1015.5メートルの山で、東北百名山にも選ばれている。その山容は米などを蒸す「甑」に似ていることから、その名が付いたといわれている。古くは御山として山岳信仰として三尊が祀られ、多くの参拝者があったといわれている。

大倉堤
(大倉溜池)

大倉堤は、市内最大の溜池であり、古くは天正年間に築堤されたのが始まりで、大倉・西郷・楯岡地域の農業用水として使用されている。大昔は度々堤防決壊を繰り返し、人柱「おくら」の話もいい伝えられている。絶滅危惧植物「田字草」の生育地でもある。

たも山館
(大倉館)

行川(なめりがわ)の南方大倉堤の南東にある小高い山頂にあり、富並の鬼兜城があった時代に、連絡を取るために建てられた城の址。現在は壇階状の跡が残っている。
居合神社 日本一社の神社であり、居合流を現世に広めた林崎甚助重信翁を祀った神社。
勝負平 行川(なめりがわ)地区東南の小高い山懐に位置し、昔、東北地方に勢力を持っていた安倍一族を源頼義が討伐した際に戦場となった場所だったといわれている。
阿弥陀堂 中沢地区中央部の通称「堂の前」と呼ばれている阿弥陀堂。この神仏は昔、甑岳の山岳信仰が栄えた頃、甑岳にあったとされている。
中沢不動尊 中沢地区東部に位置し「大石山大聖不動明王」を祀っている。村山市の文化財にも指定されているが、開創の時代は明らかでない。水清く杉の老木立ち並ぶ境内は厳かな雰囲気を漂わせている。
薬師堂 新山(にいやま)地区東方、山裾の林の中に薬師堂がある。中沢の阿弥陀堂と同じで甑岳の山岳信仰の栄えた頃、甑岳の中腹にあったと伝えられている。
豆入り観音 正確には「如意輪観音」と呼ばれている。「豆入り観音」というのは、お参りした時、護符としてもらいのがいり豆に砂糖をまぶした「砂糖豆」だったからと伝えられている。
八幡神社 行川(なめりがわ)地区東部の神社。「勝負平」にも関係するが、安倍一族を討伐にきた源頼義が必勝祈願した神社といわれている。
レンガ場跡 明治35年、鉄道建設が盛んになり、トンネルなどに使われたレンガを造る工場があり隆盛を極めた。
背炙り峠 この峠は、尾花沢の銀山温泉が隆盛を極めた頃の主要道である。名前の由来は、往にも復るも日向で汗だくになる峠であったといわれている。

その他の施設・食事処

  • 金谷運動広場(野球場、サッカー場、グラウンドゴルフ場、テニスコート)
  • ホースガーデンむらやま 電話0237-55-6859 ※乗馬体験ができます。 ※定休日 火曜日
  • 産直 棚田喰楽豊(たなだくらぶ)  ※季節の新鮮野菜、棚田米、山菜などを販売。 ※土日オープン(冬期間を除く。)
  • ハリス食堂 電話0237-53-2421 ※食事処 ※定休日 火曜日
  • ゆざ温泉 あいかも会館 電話0237-55-5682 ※温泉(宿泊・日帰り)・食事処 ※定休日 水曜日
  • 農家レストラン 草木庵(くさきあん) 電話0237-55-7522 ※農産加工品販売・食事処 ※定休日 火・水・木曜日(1~3月は休業)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ゆざ温泉 あいかも会館HP

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。農家レストラン 草木庵紹介

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。人生の楽園(2013.10.5放送 神無月の壱 山形・村山市~夫の遺志つぐお休み処~

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ

大倉地域市民センター
電話:0237-55-2417 ファックス:0237-55-2417

本文ここまで


以下フッターです。

村山市役所

〒995-8666 山形県村山市中央一丁目3番6号
電話:0237-55-2111(代表) 法人番号5000020062081
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日および12月29日から1月3日を除く)
※日曜市役所(諸証明の発行など)は午前8時30分から午後0時30分まで(12月29日から1月3日を除く)
※施設によって開館時間が異なりますので事前にご確認ください。
Copyright © Murayama City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る