このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

妊娠したら

更新日:2020年5月28日

子育てステーションすまいる

妊娠期から子育て期までの総合相談窓口として令和2年4月から甑葉プラザ2階(北側)に設置されています。
子育てステーションすまいるには、「子育て世代包括支援センターぽっぴーるーむ」と「子育て支援センターポポーのひろば」があります。相談にはそれぞれ専門のコーディネーターが対応しますので、気軽にご利用ください。

子育て世代包括支援センター ぽっぴーるーむ

平成28年4月から設置され、令和2年4月から甑葉プラザ2階の「子育てステーションすまいる」内に移転しています。
妊娠・出産・育児に関しての相談窓口として、母子保健コーディネーターが各種相談に対応し、安心して出産・子育てができるよう細やかな支援をおこないます。
また、母子手帳の交付や、パパママ学級・初孫学級などもここで開催しています。
電話相談もできます。気軽にご利用ください。

  • 開催日:月曜から木曜日(祝日、第4月曜、年末年始を除く)
  • 時間:午前9時30分から午後4時
  • 電話番号:0237-22-9981

母子健康手帳の交付

母子健康手帳の交付を受けるには、医師が記入した妊娠届出書の提出が必要です。
妊娠に気づいたら、医療機関を受診しましょう。妊娠届出書とマイナンバーが確認できる書類を持参して、子育て世代包括支援センターぽっぴーるーむへおいで下さい。

  • 交付日:月曜から木曜日(祝日、第4月曜、年末年始を除く)
  • 会場:ぽっぴーるーむ(甑葉プラザ2階子育てステーションすまいる内)
  • 時間:午前9時30分から午後4時
  • 電話番号:0237-22-9981

※交付日に都合がつかない場合は、市保健課で個別に対応します。事前連絡のうえ、市庁舎の保健課窓口までおいでください。

母子保健コーディネーターが電話をしたり面談をしたりします

妊娠中の方を支援したり、パパママ学級の案内をしたりするため、母子保健コーディネーターから電話をすることがあります。

また、妊娠後期に面談(母子保健コーディネーターとの面談、出産に関係する手続きなどを相談できます)を希望された方には、面談時に赤ちゃんギフトを選んでいただき、その場でプレゼントをします。
(面談をしない方には、出産後にチラシで選んでいただき、赤ちゃん訪問時にプレゼントします)
詳しくは、母子保健コーディネーターからの電話でご確認ください。

妊婦健康診査

母子健康手帳の交付と合わせて「妊婦健康診査受診票」を交付しています。下記の記載の金額が助成されます(健康診査:14回分、各種検査:3回分、超音波検査4回分)。

安心して妊娠、出産できるよう、定期的に妊婦健診を受けましょう。

妊婦健康診査 受診の目安
期間 受診間隔
妊娠初期から妊娠23週頃まで 4週間に1回
妊娠24週から35週頃まで 2週間に1回
妊娠36週から出産まで 1週間に1回
妊婦健康診査受診票について
受診票の種類 回数等 公費負担上限額
妊婦健康診査受診票 初回 10,000円

妊婦健康診査受診票

2から14回目 5,000円

子宮頚がん検診受診票

1回 3,400円

HTLV-1抗体検査(ヒト白血病ウイルス‐1型)受診票

1回

2,290円

性器クラミジア抗原検査受診票

1回

2,100円

超音波検査(特定)受診票 初回 5,300円
超音波検査(特定)受診票 2から4回目 4,770円

転入の方へ

村山市以外の市町村で母子健康手帳の交付を受けて、村山市へ転入された方には、妊娠週数に応じた回数の受診票を交付します。

  • 手続き先:保健課
  • 持ち物:母子健康手帳、転出先で交付された受診票(妊婦健診、各種検査)

県外で里帰り出産をされる方へ

里帰り出産等により県外の医療機関で妊婦健康診査を受ける場合、受診票は使用できません。費用を自己負担で支払い、後日保健課で申請すると、上限額の範囲内で助成されます。
手続き方法については、市保健課にお問い合わせください。

問い合わせ

保健課
電話:0237-55-2111 ファックス:0237-55-2265

本文ここまで

以下フッターです。