このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

村山市歴史文化基本構想

更新日:2019年4月24日

市内に残された文化財の総合的な保存と活用を目指します

石鳥居(県指定有形文化財・楯岡)や河島山遺跡(県指定史跡・西郷)をはじめ、市内の各地域には様々な文化財が残されています。しかし、人口減少や社会様式の変化などの影響で、歴史文化を取り巻く環境は厳しさを増し、文化財の保存や継承が難しくなっています。
村山市では、市内に残された文化財を総合的に保存・活用するための考え方や方針をまとめ、各地域の歴史文化を未来に継承していくとともに、これからのまちづくりに活用していくため「村山市歴史文化基本構想」を策定しました。

村山市歴史文化基本構想(概要版)

村山市歴史文化基本構想

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ

生涯学習課文化係 内線333
電話:0237-55-2111 ファックス:0237-55-2155

本文ここまで


以下フッターです。
村山市役所
村山市役所
〒995-8666 山形県村山市中央一丁目3番6号
電話:0237-55-2111(代表) 法人番号5000020062081
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日および12月29日から1月3日を除く)
※日曜市役所(諸証明の発行など)は午前8時30分から午後0時30分まで(12月29日から1月3日を除く)
※施設によって開館時間が異なりますので事前にご確認ください。
Copyright © Murayama City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る