このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
村山市
  • 文字拡大
  • 大
  • 中
  • 小
  • 配色変更
  • 青色背景に文字が黄色
  • 黄色背景に文字が黒色
  • 黒色背景に文字が黄色
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 事業者の方へ
  • 観光・イベント
  • 市政情報


本文ここから

大わらじの里山形県村山市観光物産展

更新日:2017年10月23日

29年度大わらじの里山形県村山市観光物産展開催

村山市の友好都市である東京都台東区。
国内外からの大勢の観光客でにぎわう浅草の浅草寺せんそうじで、11月19日(日曜)に村山市の観光物産展を開催します。
物産展には、村山市の特産品を始め、新鮮な野菜・果物・お米等を販売いたしますので、多くのお客さまのご来場をお待ちしております。

内容

物産品販売コーナー
農産物や地酒などの特産品、村山を代表する味覚が勢ぞろい。山形の風物詩「いも煮」「玉こんにゃく」などを販売します。
抽選コーナー
物産品を2店舗以上で購入された方には、抽選で「村山への旅2組4名様」(山形新幹線往復乗車券と温泉宿泊のセット)や村山の特産品をプレゼントします。
徳内ばやしの披露
村山の夏「むらやま徳内まつり」のメインイベント徳内ばやしを、勇壮かつ華麗に披露します。

※今年の物産展での地酒コーナーでは、十四代の販売はございません。ご了承ください。

村山市と浅草寺のつながり

浅草寺本堂で参拝し、仲見世方面に戻りながら宝蔵門をくぐろうとすると、ひときわ大きなわらじに出くわします。長さ4.5メートル、重さ500キロもある大わらじは、昭和16年、山形県村山市の松岡俊三代議士が護国の象徴として奉納したのが始まり。昭和39年に宝蔵門の復元がはかられたときに、同市出身の彫刻家村岡久作氏が仁王像を彫刻したことで再び寄進が始まりました。その後、昭和47年、53年、63年、平成10年、20年に奉納しています。次回の奉納を平成30年10月に予定しております。

この大わらじは、同市楯岡荒町の町内会が地域を挙げて製作しています。材料となる稲は「合川1号」という、大わらじ作りに適した品種を特別に栽培しています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ

商工観光課
電話:0237-55-2111 ファックス:0237-53-5950

本文ここまで


以下フッターです。

村山市役所

〒995-8666 山形県村山市中央一丁目3番6号
電話:0237-55-2111(代表) 法人番号5000020062081
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日および12月29日から1月3日を除く)
※日曜市役所(諸証明の発行など)は午前8時30分から午後0時30分まで(12月29日から1月3日を除く)
※施設によって開館時間が異なりますので事前にご確認ください。
Copyright © Murayama City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る