このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
村山市
  • 文字拡大
  • 大
  • 中
  • 小
  • 配色変更
  • 青色背景に文字が黄色
  • 黄色背景に文字が黒色
  • 黒色背景に文字が黄色
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 事業者の方へ
  • 観光・イベント
  • 市政情報


本文ここから

学校施設耐震診断結果公表

更新日:2012年11月1日

村山市立学校施設の耐震診断結果を公表します

村山市教育委員会では、市立学校施設の耐震化対策として、平成19年度から耐震診断を実施しました。

診断の対象は市内の小学校8校、中学校2校のうち、現行の建築基準法の耐震設計基準(昭和56年)以前に建築した小学校6校の校舎および屋内運動場(体育館)です。その結果、建物の構造耐震指標であるIs(Iw)値が文部科学省の定めた基準値である「0.7(1.1)未満」となった施設は次のとおりです。

<耐震診断で基準値を下回った学校施設>
区分 施設名

Is(Iw)値0.3(0.7)未満
※震度6強程度の大規模な地震により倒壊する危険性が高い

校舎5棟、屋内運動場1棟
大倉小学校・・・・・東校舎、南校舎
大久保小学校・・・南校舎(東棟・西棟)、北校舎、屋内運動場

Is(Iw)値0.3(0.7)以上0.7(1.1)未満
※震度6強程度の大規模な地震により倒壊するおそれがある

校舎3棟、屋内運動場1棟
楯岡小学校・・・・・中校舎(東棟・西棟)、北校舎(東棟)
富並小学校・・・・・屋内運動場

※同じ学校に複数の建物がある場合は、棟ごとに耐震診断をおこないました。診断値(Is値)の区分が棟ごとに異なる場合は、学校名が重複して記載されています。
※大倉小学校については、平成25年に楯岡小学校に統合されました。
※大久保小学校については、平成26年に改築が完了しました。

Is(Iw)値が0.7(1.1)未満となった施設については、結果数値等により「改築」「補強」いずれかの耐震化工事を計画的に実施していきます。

用語の説明
用語 説明

耐震診断

建物が地震に耐えられる強さと粘りの能力に、建物の形状や経年変化等を考慮し、専門家が構造耐震指標(Is値)等を算定したものです。調査後、その結果を都道府県等が設置する「耐震診断判定委員会」が判定します。
Is(Iw)値 耐震診断の結果は「Is値」という構造耐震指標で表されます(木造の耐震指標は「Iw値」という)。文部科学省は、Is(Iw)値が0.7(1.1)以上であれば耐震上問題がないものとしています。
震度

ある地点における地震の揺れの程度を表した指標で、0から7の10段階(5と6は2段階ずつ)に分かれています。
主な地震の最大震度
兵庫県南部地震(阪神淡路大震災:1995年)最大震度7
新潟県中越地震(2004年)最大震度7
岩手宮城内陸地震(2008年)最大震度6強
岩手県沿岸北部地震(2008年)最大震度6強

問い合わせ

管理課
電話:0237-55-2111 ファックス:0237-55-2155

本文ここまで


以下フッターです。

村山市役所

〒995-8666 山形県村山市中央一丁目3番6号
電話:0237-55-2111(代表) 法人番号5000020062081
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日および12月29日から1月3日を除く)
※日曜市役所(諸証明の発行など)は午前8時30分から午後0時30分まで(12月29日から1月3日を除く)
※施設によって開館時間が異なりますので事前にご確認ください。
Copyright © Murayama City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る