このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

市県民税(住民税)

更新日:2019年1月29日

市県民税(住民税)とは

市に納めていただく「市民税」と県に納めていただく「県民税」を合わせて住民税とよびます。
市民のみなさんの日常生活に直接結びつく市や県の仕事の費用を、それぞれの負担能力に応じて分担していただくという性質の税金です。個人の住民税は、市民税と県民税を併せて納付していただくことになっています。

納税義務者

毎年1月1日現在、市内に住所または事務所、事業所、家屋を有する個人に課税されます。

税率

均等割(平成26年度から市県民税の均等割額が変わります)

「東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律」(平成23年法律第118号)の施行に伴い、緊急防災事業の財源を確保するため、平成26年度から平成35年度までの市県民税の均等割の額が、次の表の通りに変わります。

均等割額(年額)
  平成25年度まで 平成26年度から平成35年度まで

市民税

3,000円 3,500円
県民税

2,000円

2,500円
合計 5,000円 6,000円

以下のいずれかに該当する方は均等割が非課税となります

・生活保護法の規定による生活扶助を受けている方
・障がい者、未成年者、寡婦(寡夫)で、前年中の合計所得が125万円以下の方
・扶養家族のない方で、前年中の合計所得が28万円以下の方
・扶養家族のある方で、前年中の合計所得が「28万円×(本人+扶養人数)+17万円」以下の方

所得割

所得割の税額は、一般に次のような方法で計算されます。

(所得金額-所得控除額)×税率10%(※)-税額控除=所得割額

※市民税6%、県民税4%

以下のいずれかに該当する方は所得割が非課税となります

・扶養家族のない方で、前年中の総所得金額等が35万円以下の方
・扶養家族のある方で、前年中の総所得金額等が「35万円×(本人+扶養人数)+32万円」以下の方

申告

申告相談の詳しい日程についてはこちらをご覧下さい。

申所得税の確定申告をした方、前年の所得が給与のみで年末調整済の方は申告する必要はありません。
申告が必要かどうかは、こちらのフローチャートで確認ください。

納税方法

給与収入のある方(給与からの特別徴収)

事業主が、毎月(年12回)給与を支払う際に市県民税を徴収(天引き)して納めます。
市県民税の特別徴収について

年金収入のある方(公的年金からの特別徴収)

年金支給月(年6回)に年金より天引きになります。

普通徴収

特別徴収以外の方。年4回に分けて口座振替や金融機関の窓口にて納付書で納めていただきます。

特別徴収に係る各種届出

こちらのページにあります

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ

税務課 住民税係
電話:0237-55-2111 ファックス:0237-55-2265

本文ここまで


以下フッターです。
村山市役所
村山市役所
〒995-8666 山形県村山市中央一丁目3番6号
電話:0237-55-2111(代表) 法人番号5000020062081
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日および12月29日から1月3日を除く)
※日曜市役所(諸証明の発行など)は午前8時30分から午後0時30分まで(12月29日から1月3日を除く)
※施設によって開館時間が異なりますので事前にご確認ください。
Copyright © Murayama City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る