このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

指定管理者制度について

指定管理制度とは

地方自治法の改正(2003年6月13日公布、同年9月2日施行)により、公共団体、公共的団体及び政令で定める出資法人に限り許されていた「公の施設」の管理が、地方公共団体の指定した民間企業やNPO法人、法人格を持たない民間団体などでもできるようになりました。
民間団体の持つノウハウを施設管理に活用することで、多様化する住民ニーズに効果的かつ効率的に対応し、住民サービスの向上が図られることや、経費の節減等が図られることが期待されています。

指定管理者の導入状況

本市では、平成18年から指定管理者制度を導入しています。
指定管理者による管理運営を行っている施設は以下のとおりです。

指定管理者の募集・選定状況

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

以下フッターです。