このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

村山市の下水道

更新日:2020年2月4日

村山市の下水道の状況

本市の下水道事業は、快適な生活環境づくりをめざし、昭和52年度から事業を開始しています。現在、事業の認可を受けた区域が991.5ヘクタールで、そのうち、下水道を整備した区域は865.7ヘクタールです。また、平成30年度末の普及状況は80.0%、水洗化状況は87.6%となっています。

下水道の必要性

家庭の台所、フロ場、トイレなどからの汚水や工場からの汚水を集め、処理場(村山浄化センター)で、きれいな水に処理をして河川(最上川)へ放流するのが下水道の役割です。
下水道は清潔で快適な生活を維持するために欠かせない施設であり、清らかな水環境の実現にも重要な役割を担っています。

下水道ができると

河川や沼がきれいになります

水は、一度使用されると汚れてしまいます。汚れた水をそのまま流すと河川や沼等を汚してしまいます。しかし下水道は、汚れた水をきれいに処理をしてから放流しますので自然環境が守られます。

水洗トイレが使えます

水洗トイレは、いやな臭いがなく、お年寄りや子どもたちが安心して使え、衛生的で快適な生活ができます。

生活環境が改善されます

家庭や工場から出た汚水が水路や側溝にたまることがなくなり、いやな臭い、ハエや蚊の発生を防ぐことができ、生活環境が改善されます。

土地の利用価値が高まります

水道が完備された地域や交通の便利な地域の土地の利用価値が高いと同じように、下水道が完備された地域の土地の利用価値が高まります。

問い合わせ

水道課
電話:0237-55-2111 ファックス:0237-55-7620

本文ここまで

以下フッターです。