このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

入院するとき

更新日:2019年2月5日

限度額認定証をご利用ください。

限度額適用認定証の交付を申請し、認定証を医療機関に提示することにより、窓口での負担は自己負担限度額までとなります。
 申請に必要なもの
 保険証
 印鑑
 本人確認ができる書類(運転免許証など)
 世帯主と対象者の個人番号

自己負担限度額については高額療養費のページをご覧ください。

入院時の食事代について

入院時の食事については他の医療費にかかる医療費と別額で定額負担していただくことになります。住民税非課税の方は、保健課窓口で限度額適用・標準負担額減額認定証の交付申請をしてください。負担額が下記のとおりに軽減されます。

  • 申請に必要なもの 

保険証
印鑑
本人確認ができる書類(運転免許証など)
世帯主と対象者の個人番号

入院時の食事代負担額
適用区分 入院区分 負担額(1食あたり)
一般(下記以外の方) 入院 460円(注釈4)

住民税非課税世帯(注釈1)
低所得2(注釈2)

90日以下の入院 210円

住民税非課税世帯(注釈1)
低所得2(注釈2)

90日を超える入院 160円

住民税非課税世帯(注釈1)
低所得1(注釈3)

入院 100円

(注釈1)世帯主および、すべての国民健康保険加入者が住民税非課税の世帯
(注釈2)同一世帯の世帯主およびすべての国民健康保険加入者が住民税非課税の方で、低所得1以外の方
(注釈3)同一世帯の世帯主およびすべての国民健康保険加入者が住民税非課税で、事業所得・譲渡所得・雑所得等各区分所得が必要経費・控除を差し引いたときに0円である方
(注釈4)難病、小児慢性特定疾病、また平成28年4月1日時点ですでに1年を超えて精神病床に入院している患者の標準負担額は260円となります。

  • 認定証には有効期限があります

認定証の有効期限は、申請した月の初日(申請した月に国民健康保険加入した方は、国民健康保険被保険者になった日)から、翌年度の7月末日(申請した月が4月から7月までの場合はその年の7月末日)までとなります。更新を希望する方は、8月に入りましたら保健課窓口にて再び交付申請をしてください。

療養病床に入院したときの食費・居住費

65歳以上の方が療養病床に入院したときは、食費(食材料費+調理費)と居住費(光熱費相当)として、定められた標準負担額を以下のとおり自己負担していただきます。

自己負担額
適用区分

食費
(1食あたりの食材料と調理費の合計)

居住費
(1日あたり)

一般(下記以外の方)

460円または420円
(医療機関によって異なります)

320円

住民税非課税世帯(注釈1)
低所得2(注釈2)

210円 320円

住民税非課税世帯(注釈1)
低所得2(注釈3)

130円 320円

低所得1のうち
老齢福祉年金受給者

100円 負担なし
  • 療養病床に該当するかどうかは、医療機関にご確認ください。
  • 難病等の入院医療の必要性の高い方は、食材料費相当のみの負担となります。(居住費の負担はありません。)

(注釈1)世帯主および、すべての国民健康保険加入者が住民税非課税の世帯
(注釈2)同一世帯の世帯主およびすべての国民健康保険加入者が住民税非課税の方で、低所得1以外の方
(注釈3)同一世帯の世帯主およびすべての国民健康保険加入者が住民税非課税で、事業所得・譲渡所得・雑所得等各区分所得が必要経費・控除を差し引いたときに0円である方

問い合わせ

保健課
電話:0237-55-2111 ファックス:0237-55-2265

本文ここまで


以下フッターです。
村山市役所
村山市役所
〒995-8666 山形県村山市中央一丁目3番6号
電話:0237-55-2111(代表) 法人番号5000020062081
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日および12月29日から1月3日を除く)
※日曜市役所(諸証明の発行など)は午前8時30分から午後0時30分まで(12月29日から1月3日を除く)
※施設によって開館時間が異なりますので事前にご確認ください。
Copyright © Murayama City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る