このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

その他の給付

更新日:2019年2月14日

出産育児一時金の支給(子どもが生まれたとき)

国民健康保険の加入者が出産したときに支給されます。妊娠12週(85日)以降であれば死産・流産でも支給されます。直接支払制度を利用すれば、村山市国民健康保険(保険者)から医療機関に直接一時金が支払われますので、出産時に出産費用を事前にご用意していただく必要がなくなります。

出産育児一時金
  支給額
産科医科補償に加入している分娩機関で出産した場合 42万円
上記以外 39万円
  • 「産科医療補償制度」とは重度脳性麻痺児に対する補償制度です。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。産科医療補償制度について

  • 直接支払制度を利用して出産費用が42万円以上かかった場合

出産育児一時金の窓口申請手続きは必要ありません。医療機関の窓口にて42万円を超えた部分をお支払いください。

  • 直接支払制度を利用して出産費用が42万円未満の場合

出産費用と出産育児一時金との差額分を、世帯主の方が村山市保健課に申請をいただくことで差額を支給します。
差額申請が必要な場合は、後日村山市から世帯主に差額支給手続きについてのお知らせを送付します。手続きに必要なものは保険証、世帯主の印鑑、世帯主の預金通帳、医療機関等からの領収・明細書、医療機関等と取り交わした直接支払制度を利用する旨の合意書です。

  • 直接支払制度を利用しない場合

いったん出産にかかった費用を医療機関等にご自身でお支払いただくことになります。その後、村山市保健課窓口出産育児一時金の窓口申請手続きが必要です。その場合、手続きに必要なものは保険証、世帯主の印鑑、世帯主の預金通帳、医療機関等からの領収・明細書、医療機関等と取り交わした直接支払制度を利用しない旨の合意書になります。

葬祭費の支給(死亡したとき)

国民健康保険に加入している方が亡くなったとき、申請により葬祭をおこなった方(喪主の方)に支給されます。

葬祭費
  支給額
葬儀を行った方(喪主の方) 5万円

死亡による国民健康保険を抜ける手続きが必要ですので、保険証を必ずお持ちください。また、死亡した方がその他の医療証をお持ちの場合は、あわせてお持ちください。

  • 申請に必要なもの

亡くなった方の保険証(高齢受給者証含む)、葬祭をおこなった方の印鑑、葬祭をおこなった方の預金通帳、葬祭をおこなったことが証明できるもの

問い合わせ

保健課
電話:0237-55-2111 ファックス:0237-55-2265

本文ここまで


以下フッターです。
村山市役所
村山市役所
〒995-8666 山形県村山市中央一丁目3番6号
電話:0237-55-2111(代表) 法人番号5000020062081
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日および12月29日から1月3日を除く)
※日曜市役所(諸証明の発行など)は午前8時30分から午後0時30分まで(12月29日から1月3日を除く)
※施設によって開館時間が異なりますので事前にご確認ください。
Copyright © Murayama City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る