このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

予防接種(児童・生徒)

更新日:2020年3月26日

日本脳炎ワクチンの供給不足について
日本脳炎ワクチンの製造が一時停止した影響で、12月頃まで供給不足が続く見込みとなっています。
これまでに接種を受けていない1期対象のお子さん、定期接種としての期限が近い年齢のお子さん以外の方は、当面の間接種をお待ちいただきますようお願いします。

予防接種間隔の変更についてのお知らせ

令和2年10月1日から、予防接種の間隔に関する規定が変更されることになりました。

これまで、生ワクチン接種後は27日以上あけてから、不活化ワクチン接種後は6日以上あけてから別の予防接種を行うこととされていました。変更後は、注射生ワクチン接種後に別の種類の注射生ワクチンを接種する場合は27日以上あけることとされ、それ以外の接種間隔の規定がなくなります。
ただし、同一種類のワクチンを複数回接種する場合の間隔は、従来の規定のとおりとなりますのでご注意ください。

接種間隔の変更について
接種間隔の変更

定期予防接種

定期予防接種は、予防接種法によって対象者や接種期間が定められています。

二種混合

二種混合(ジフテリア、破傷風)は、不活化ワクチンです。
乳幼児期に接種した三種混合ワクチンの免疫効果を維持するための追加接種です。

対象者には通知と予診票を送付しますので、詳しくは通知をご覧ください。

令和3年度の通知対象者
対象者 接種回数 接種期間

平成21年4月2日から平成22年4月1日生まれの方
(小学6年生)

1回

令和4年3月31日まで

13歳の誕生日の前日までは無料ですが、できるだけ上の期間内での接種をお勧めします。

日本脳炎(2期)

日本脳炎ワクチンは不活化ワクチンです。
乳幼児期に接種した日本脳炎の免疫効果を維持するためのものです。
日本脳炎ワクチンの供給不足について
日本脳炎ワクチンの製造が一時停止した影響で、12月頃まで供給不足が続く見込みとなっています。
これまでに接種を受けていない1期対象のお子さん、定期接種としての期限が近い年齢のお子さん以外の方は、当面の間接種をお待ちいただきますようお願いします。
接種回数と時期について
1期:初回2回と追加1回の計3回(3歳から5歳頃)
2期:1回(9歳から10歳)

特例について
平成17年度から平成22年3月に日本脳炎予防接種の差し控えがありました。
そのため、特例として以下の方は13歳未満または20歳未満まで1期および2期を定期接種として無料で接種することができます。

  • 平成19年4月2日から平成21年10月1日生ま:13歳未満まで
  • 平成12年4月2日から平成19年4月1日生まれ:20歳未満まで

ご不明な点は保健課へお問い合わせください。
また、厚生労働省のホームページもご覧ください。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。日本脳炎について(厚生労働省HP)

    ヒトパピローマウイルス感染症(HPVワクチン)

    子宮頸がんのほとんどがヒトパピローマウイルス(HPV)の感染で起こるとされています。
    HPVワクチンは、将来の子宮頸がんを予防できると期待されています。現在、定期接種として使われているワクチンは2種類あり、どちらも不活化ワクチンです。

    平成25年より、厚生労働省の通知により積極的におすすめすることを一時的にやめています
    ただし、ワクチンについて十分理解した上で定期の予防接種として無料で接種することは可能です。

    詳しくは、下記より「HPVワクチン接種の対象年齢のお子様及びその保護者向けリーフレット」をご覧ください。

    HPVワクチンの対象者と種類

    対象者

    ワクチン名

    回数

    間隔

    小学6年生から
    高校1年生相当
    の女子

    サーバリックス
    (2価)

    3回

    初回接種から1か月以上あけて2回目を接種、
    初回接種から5か月以上あけて3回目を接種
    (ただし2回目の接種から2か月半以上間隔をあけて)

    小学6年生から
    高校1年生相当
    の女子

    ガーダシル
    (4価)

    3回

    初回接種から1か月以上あけて2回目を接種、
    2回目から3か月以上あけて3回目を接種

    令和2年度の対象者は、平成17年4月2日から平成22年4月1日生まれの女子です。
    対象者となる期間を過ぎると、任意接種となります(全額自己負担)。

    厚生労働省のホームページもご覧ください。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がんとHPVワクチン)厚生労働省HP

    任意予防接種

    インフルエンザ予防接種の助成について

    インフルエンザ予防接種は、保護者の判断で受ける任意予防接種です。このワクチンは不活化ワクチンです。
    接種を希望する方には一部助成を実施します。

    接種期間
    令和3年10月1日から開始予定です。

    対象者と助成額

    種類

    対象者 回数 1回あたりの助成額
    インフルエンザ 生後6か月から18歳になる学年(高校3年生相当)

    12歳以下は2回まで
    13歳以上は1回

    1,900円

    北村山地区の医療機関で接種する場合は、窓口での自己負担額が医療機関の定める額から市の助成額を差引いた額になります。
    それ以外の医療機関で接種する場合は、全額自己負担で支払い後、市の保健課に申請すると助成されます。

    PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
    お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
    Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

    問い合わせ

    保健課 健康指導係
    電話:0237-55-2111 ファックス:0237-55-2265

    本文ここまで

    以下フッターです。