このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

予防接種(高齢者)

更新日:2021年4月1日

高齢者用肺炎球菌予防接種

肺炎球菌は主に気道の分泌物に含まれる細菌で、唾液などを通じて飛沫感染し、気管支炎や肺炎、敗血症などの病気を引き起こすことがあります。日常的に生じる肺炎のうち4分の1から3分の1は肺炎球菌が原因と考えられています。予防接種の免疫は、5年以上持続するとされています。

定期予防接種の対象者

対象となり、接種を希望する方に費用の一部を助成します。助成は、生涯1回限りです。

対象者

対象年齢

生年月日

65歳

昭和31年4月2日から昭和32年4月1日生まれ

70歳

昭和26年4月2日から昭和27年4月1日生まれ

75歳

昭和21年4月2日から昭和22年4月1日生まれ

80歳

昭和16年4月2日から昭和17年4月1日生まれ

85歳

昭和11年4月2日から昭和12年4月1日生まれ

90歳

昭和6年4月2日から昭和7年4月1日生まれ

95歳

大正15年4月2日から昭和2年4月1日生まれ

100歳

大正10年4月2日から大正11年4月1日生まれ

その他

接種当日、60歳以上65歳未満で心臓、腎臓、呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障がいのある方(身体障害者手帳1級相当)

ただし、これまでにこの予防接種を受けたことがある方は対象外です。(全額自己負担で受けたことがある方、5年以上前に受けた方も対象外)

助成の内容

助成内容
接種期間

令和3年4月1日から令和4年3月31日
誕生日の前でも受けることができます。

助成金額 4,150円
ワクチンの種類 23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)

自己負担額について
医療機関の定める額から市の助成額を差引いた額です。
北村山地区(村山市、東根市、尾花沢市、大石田町)の医療機関では、自己負担は4,000円です。

生活保護世帯の方
生活保護世帯の方は自己負担はありませんが、事前に保健課へ申請が必要です。

予防接種を受けるには

対象者には、保健課からお知らせと予診票を送付します。
事前に医療機関に予約をして、予診票等を持参して予防接種を受けましょう。

これまでにこの予防接種を受けた事がある方へ(再接種について)
再接種を希望する場合は、医師にご相談ください。5年以内の再接種は、注射部位の痛み、赤みなどが強く出ると言われていますので、5年以上の間隔をあけましょう。なお、再接種の費用助成はありません。

費用助成制度について
国の方針(平成31年1月改正)により、費用助成が令和元年度から5年間、延長となりました。改正前に全額自己負担で接種した方は、ご容赦ください。

接種できる医療機関

県内の希望する医療機関にお問い合わせください。
村山市内の医療機関は、下記をご覧ください。

高齢者インフルエンザ予防接種

インフルエンザは、ウイルス感染後、1日から3日間ほどの潜伏期間の後に、発熱、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛、関節痛などが突然おこり、続いて咳、鼻水などの症状もあらわれて、1週間程度で軽快することがほとんどです。いわゆる「かぜ」に比べると全身症状が強く出ます。
高齢者や、呼吸器・循環器・腎臓に慢性疾患を持つ方、免疫機能が低下している方がかかると、重症になり入院が必要になったりすることがあります。
予約の有無等については、かかりつけ医など接種を希望する医療機関へお問合せくださるようお願いします。

定期接種の対象者

予防接種法によって対象者が定められています。

対象者と助成内容
対象者
  • 接種日当日、65歳以上の方
  • 接種日当日、60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓、呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障がいのある方(身体障害者手帳1級相当)
接種期間 令和3年10月1日から開始予定
助成金額

1,900円

ワクチンの種類

4種類の株が含まれた4価ワクチン
(A型株が2種類、B型株が2種類)

医療機関 県内の委託医療機関(希望する医療機関へお問合せ下さい)

生活保護世帯の方
生活保護世帯の方は自己負担がありませんが、事前に市保健課への申請が必要です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ

保健課
電話:0237-55-2111 ファックス:0237-55-2265

本文ここまで

以下フッターです。